置賜地方旅行記 その2

赤湯温泉 丹波

我々一行が赤湯駅に着いたとき、すでに日は暮れかけていた。

駅を出るとコンビニはおろか、気軽に立ち寄れそうな食事処もないようだった。

ロータリーにある観光案内図によれば、温泉街まで2,3キロはある。

この日の日中は、厳しい日差しの下、米沢市内をレンタルサイクルで観光したため、皆疲れ切っていた。

そんな体調で歩かねばならないのは実に憂鬱であった。

 

赤湯といえばそれなりに知られた温泉街だが、最近では赤湯ラーメンなども全国的に有名になり、観光地としても栄えているようである。

道路にはひっきりなしに車が走っていて、とてもじゃないが落ち着いた気分になれなかった。

 

我々が温泉街に到着したとき、すでに日は落ちきっていた。

道路沿いに無料の足湯があったので、まずはそこで足を休め、どの温泉に入るか協議した。

 選んだのは丹波館という日帰り入浴も可能な旅館である。

大正ロマンを感じさせる作りで、一目で気に入った。

靴を脱ぎ、一歩館内に足を踏み入れると、柔らかい絨毯の感触が疲れ切った我々を優しく出迎えてくれた。

館内の灯りは柔らかく、どこか懐かしい印象があった。

 

脱衣場はとても清潔であった。これなら、風呂場もきっと、手入れがきちんと行き届いているだろう。

いざ、湯への扉を開くと、硫黄の匂いが鼻を突いた。

しかしその匂いは、決して硫黄自身を主張せず、ただ湯の存在を予感させる程度にとどまっていた。

白い蒸気がすぅーっと晴れて、立派な湯船が顔を見せた。

 

湯は、無色透明であった。

 

透き通った源泉が、静かに湯船に注がれ、音もなく湯船の外へ流れ去っていく。

ところが、その静けさとは反対に、湯の温度は熱かった。45,6度はあったかもしれない。

それでも、赤湯地域の源泉は60度ほどであるそうなので、何らかの形で温度を下げていることになる。

この温泉が加水されたものであったか否か、正直今でもわからない。しかし、加水するとすれば、人々が浸かりやすいようもっと温度を下げるはずだ。

この湯の絶妙な熱さに、加水をぎりぎりで踏みとどまった湯守の決断を感じずにはいられない。

湧出口の湯は触れないほど熱かったので、きっと湯量をコントロールすることで温度を調節しているのだろう。

 

内湯の他に、露天風呂もひとつあった。

十分にかけ湯をし、いざ入湯。

それは、湯というより、透明なエネルギーだった。

地中に堆積した想像を絶するほどの悠久な時間が、湯という形をとって凝集していた。

微粒子ひとつ入り込めないほどに、存在が充溢している。

その時初めて、もっとも充溢した空間は真空と一致するのだと理解した。

永遠の歓喜には、悲しみの入り込む余地が微塵もないのと同様に。

 

風呂場から出ると、足の裏に固い何かを感じた。

珪藻土マットだった。

よく見ると狭い脱衣場の半分以上は珪藻土マットが敷き詰められている。

おかげで、床が濡れていることに起因するあの不快感が一切なかった。

それだけではない。ドライヤーも、美容院で使われるような大きくて風力の強いものだった。

脱衣場ひとつとっても、この旅館の客への配慮が並々ならぬものであることがわかる。

ロビーに置いてあるふかふかの椅子に座り、しばし温泉の余韻に浸ったのち、我々は湯屋を後にした。

 

湯屋の前には、薄暗いコンクリートの道が伸びていた。

しかし、後ろを振り返ると、湯屋は確かに存在した。

 

置賜地方旅行記 その1

白布温泉

5月5日、我々一行は米沢駅西口から出ている白布温泉行のバスに乗り込んだ。

他にも乗客が幾人か乗っていたが、観光名所となっている上杉神社前で我々以外全員降りてしまった。

ただ、そこから一人の青年が乗ってきた。バスはしばらく米沢市内を走り、その後険しい山道を登り始めた。

出発から50分後、ようやく白布温泉入口へと到着した。我々以外の唯一の乗客であった青年もそこで降りた。

彼は降りるとすぐに、慣れた感じで山道を登りはじめ、あっという間に遠くへ行ってしまった。

白布温泉(しらぶおんせん)は温泉街というにはあまりにも小規模なので、どう表現してよいのかわからない。山形と福島の県境の山あいに、県道が通っており、その道沿いにいくつかの温泉旅館が点在している。それらを総称して白布温泉と呼ぶようだ。

バス停からちょっと上ると、そば屋がある。日帰り客にとって唯一の食事処だ。ここで食べたわらびは旬なだけあってめっぽう美味しかった。我々が食べ始めるころ、先ほどバスで一緒だった青年も店に入ってきた。

彼はあっという間に食事を終え、またも我々より先にどこかへ消えていった。

店主の息子と娘と思われる自分と同じ年くらいの男女が働いていた。店を出る際、「おしょうしな~」と言われた。この地方の方言で「ありがとう」という意味らしい。

食後すぐに温泉に入るのは良くないと聞いていたので、運動がてら山道をさらに登り、ロープウェイで天元台高原へと向かった。

この高原にはスキー場があり、GWが最後の運営だった。この時期の残雪は湿っぽくスキーにはまったく向いていない。スキー場の人もまばらだった。

雪に足が埋もれぬよう慎重に歩き展望台へ出た。遠くに朝日岳鳥海山が見えた。一匹のカラスが湿った春風に乗って飛んでいた。することの特にない我々は、壮大な景色を眺めながら山手線ゲームに興じた。

下山後、どの湯屋に入るか迷ったが、一番趣のあった西屋を選んだ。白布温泉で唯一茅葺屋根を残しており、館内も古い作りだった。

f:id:hatarakizakari:20170524223502j:plain

 脱衣所と湯船を隔てる戸を引くと、筆舌に尽くしがたい光景が眼前に飛び込んできた。滝のように源泉が降り注ぎ、湯船からざぶざぶと、とめどなく湯が溢れている。

幸い我々の他に客はなかった。滝つぼのような湯船に身を投げ、湯の流れに身を任せた。この地は開湯700年だという。700年間この湯は湧出し、流れ続けてきた。

様々な顔や声が生まれては消えていく。それでも源泉はただ流れ続ける。湯に浸かっていると、流れているのか、止まっているのか、次第にわからなくなった。

どれほど源泉が表情や声を変え、様々な現象を生起させようとも、その根底に大いなる統一があるのは間違いなかった。

ちょうど湯を出るとき、ぞろぞろと人がやってきた。スキーの帰りに寄った客たちだろう。

彼らの会話は訛りがひどくてほとんど聞き取れなかったが、露天風呂のないことに不満を感じていることはわかった。

なんだかひどく惨めな気持ちなったので、髪もちゃんと拭かずに風呂を後にした。

 

f:id:hatarakizakari:20170524223518j:plain

 

米沢市内に帰るため、バス停に行くと、例の青年がベンチに座ってバスを待っていた。

日が暮れる中、我々を乗せたバスはゆっくりと山を下って行った。ふと、うたた寝から目覚めると、青年の姿はなかった。

バスが最上川を渡り、街の灯りが窓の外でゆらゆらと揺れていた。